大人の関係なしで、お小遣いをもらえるんだったら問題ありませんから、思い切ってパパ活をやってみることにしました。
テレビ番組で特集されるぐらいなんだから、こういうことに理解のあるパパを探すことができるって思いました。
援助交際のようにセックスするのは絶対嫌ですか、食事だけならまったく問題がありませんよね。
これでネイルの勉強をするための資金を蓄えることができる、しかも食事までご馳走になることができるんですから最高だと思います。
相手を探すためにはどうすれば良いかって考えて、日頃から使っているSNSの利用を思いつきました。
Facebookって利用者がとっても多いですから、ここでパパ募集していけばいいんじゃないかなって考えたんです。
食事をするだけでお小遣いをくれるパパを探しています!こんな感じで相手を募集していく事にしたのでした。
利用している人たちが多くいると言う事は、理解してくれる人との出会いの確率が高いって事になってきますから、かなり期待した気持ちになりました。
ところが、Facebookを使ったのは大きな過ちだったのです。
何で最初にこの事に気がつかなかったのか?こんな簡単なことを忘れちゃっていたのかって感じがします。
だってFacebookって実名登録だし、リア友とも繋がっているわけです。
見られてしまうのは当たり前なんですよね。
反響は確かにありましたけれど、それが悪い意味での方向でした。
大学の親友からは「あんたなにやってんのよ、援助交際?」という感じで馬鹿にされてしまうし、また幼馴染みからも「そんなことするような子だったの?」って感じで蔑むメッセージが飛んできてしまったのでした。
しまった!って思った時には、時すでに遅しってやつでした。
すぐに「あれは弟とケンカして、腹いせのために投稿されちゃったんだよ」と火消しをしていく事にしたのです。

こんな言い訳はしたものの、到底信じてもらえるわけもないって感じで、何だか関係がギクシャクしてしまいました。